釣り メジナ

メジナについて

【メジナ】スズキ目・メジナ科又はイスズミ科に、分類される魚で東アジアなどの浅海に生息している海水魚。

 

比較的釣りやすい魚で磯釣りの対象魚として人気があり『磯竿』と呼ばれるメジナを釣る専用の竿が売られている。

メジナの釣り方

mejina

 

メジナを釣るのでも、眼岩礁に住み着いてるメジナと沿岸や離島に生息しているクロメジナなどのに分かれていて防波堤などで釣れるクロメジナはだいたい30センチ位が多いようですが、クロメジナの魅力である最大の大きさが70センチ〜80センチになる大物いので釣る魚としてはかなり、楽しませてくれる魚です。

 

 

メジナ本来根についてる魚ですが餌につられて中層まで浮いてくるので、それを狙ってメジナを釣るのがパーターンが多いので、そんの日のタナを見極めて魚の条件を見極めて責めると釣果も変わってくるはずですよ。

 

小型、中型ののメジナを釣るなら防波堤の潮の流れが良い所でを狙うと比較的釣れる事が多いですね。

呼ばれてい地方名

gurenihonnreltutou

(伊豆)クシロ、クチブト
(北陸)ヒコヤ、チカイ
(丹後)ツカヤ
(舞鶴・山口)クロヤ
(関西)クチブト、グレ、ブレ
(山陰)クロアイ
(岡山・下関・九州各地)クロ
(枕崎)レウオ
(鹿児島)シツオ

 

クロメダイなどと呼ばれる地方名もあるそうでクロダイと似ているので注意!

メジナの特徴

成魚は体長60センチくらいまで成長する。

 

よく釣られてるサイズは40センチ位が多く

 

クロダイに比べて高さがなく平べたい体型の魚種である。

メジナの生態

mejinagilyogun

 

北海道から台湾位までの沿岸に生息していて、沖縄近辺でも稀に見かける事がある。 

 

またメジナは夏は甲殻類や小魚を捕食していて、冬は主に海藻などを食べている魚です。

メジナの旬

主に釣りや定期網で漁獲されていて、夏は磯臭い魚で冬になると磯臭さがなくなり旬とされているが、最近はそんなに磯臭さがなくなっている。

 

魚やスーパーではメジナが黒目鯛の名前で売られている。

sakanarilyouri

 

食べ方としては、クセが少なく淡白な白身魚として料理法は沢山ある。

 

(刺し身、叩き、カルパッチョ、焼き魚、煮付け、カラアゲ、鍋)など幅広く調理されている。

 

同じメジナでもクロメジナとオキナメジナと種類もいて、クロメジナは全長が大きくなると70センチ位ま大きくなる成魚もいるので釣りとしても引きが強く楽しめ魚である。

 

またオキナメジナは琉球列島に多く生息していて全長も45センチ位まで大きくなる。

 

 

sakanarilyouri